Read Article

歯科医院選びの難しさ

歯科医院選びの難しさ

前歯の虫歯を治療するために、会社近くの歯科医院へ。

担当の先生は治療前の説明も丁寧にしてくれ、安心して治療を受けることができたので、気持ち良さからやや眠りそうになっていました。

ところが治療も終盤になったところで担当の先生から歯科助手へ交代。

「◯◯さん、詰め物は私が担当します」と言われ、身を委ねていると”ガッ、ゴリッ”と何とも不気味な音が。
痛いとも言えず、担当の先生も最終確認をせず、そのまま治療は終了。

少し時間が経ち、噛み合わせを確認すると、食べ物が噛みきれないほどの噛み合わせの悪さ。

後日その医院に連絡し再治療してもらいましたが、料金も再度取られ散々でした。

担当医が信頼出来る人であっても、サポートしている助手の質も事前に確認しておけば良かったと後悔しました。

(30代 女性)

歯科助手であれ歯科衛生士であれ、詰め物の調整やセットというのは違法行為です。
最終確認すら行わないというのは大きな問題ですね。
貴重なご意見ありがとうございました。

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ルイヴィトン2つ折財布

    一般的に作画と原作が異なる場合は、まず原作者がシナリオを書いて、編集者がOKを出したものが漫画家にわたされ、それをベースに漫画家が漫画の構成を大まかに描いたネームをつくるというプロセスをとります。
    しかしうちの場合は相当異例で。
    まず原作者の松永さん、われわれ2人、担当編集者の4人で、2週間に一度直接会って打ち合わせを行います。
    そこでものすごい量の資料を基に次の話のプロットを決めると、松永さんがそれに沿ってシナリオを書き、ぼくらがネームにします。
    ただネームの段階でも内容が変わることもあり、随時4人で連絡をとりながらシナリオを考えているようなイメージですね。

コメントはこちら

*

Return Top